こめかみ ニキビ

こめかみのニキビ 原因と治し方

こめかみのニキビの原因

 

顎周り(フェイスライン・Uゾーン)やこめかみは、ニキビができやすい部位です。

 

原因1:皮脂

 

こめかみにニキビができやすい理由は、
顎周り(フェイスライン・Uゾーン)には皮脂腺の分布が多いからです。

 

皮脂が詰まりやすく、乾燥しやすい部分なので、
顎周り・こめかみにニキビができやすいのです。

 

原因2:ホルモンバランス・外的な刺激

 

顎周り(フェイスライン・Uゾーン)は、ホルモンバランスの影響を受けやすく、
もともと男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなります。

 

また、顎周りはヒゲやうぶ毛が生える箇所なので、
剃刀などで肌が傷つけられやすい部位でもあります。

 

皮脂線の分布が多く、脱毛で乾燥しやすくなるので、
顎周り・こめかみニキビの原因になりやすいです。

 

原因3:ストレス・生活習慣

 

また、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなども原因です。

 

生活習慣の乱れでホルモンバランスが乱れると、
体はストレスを感じ、男性ホルモンの分泌が促進されます。

 

そうすると、顎周り・こめかみにニキビができやすくなります。

 

間違ったスキンケアやスキンケア不足も、
顎周りに吹き出物やしこりができる原因になります。

 

普段フェイシャルのスキンケアをきちんとしている人でも、
顎周り(フェイスライン・Uゾーン)はおろそかになりがちです。

 

すすぎ不足で洗顔料が顎に残ったり、
保湿化粧品が顎周りまでしっかり補えていないことはよくあります。

 

こめかみのニキビが繰り返す場合は、顔剃り後の保湿ケアを怠っていたり、
洗顔でしっかり皮脂汚れが落とせていないケースが多いです。

 

こめかみのニキビの治し方

 

こめかみのニキビができて、ポツポツやブツブツのデキモノになると、
ひどい場合には痛い・かゆい等の症状が出てしまいます。

 

顎周り(フェイスライン・Uゾーン)は洗顔料の洗い残しなど、
汚れが溜まりやすい部位なので、白い吹き出物ができやすくなります。

 

こめかみのニキビには、ねっとりタイプとカサカサタイプがあります。

 

ねっとりタイプの治し方

 

ねっとりタイプの場合は、古い角質の集まりの汚れなので、
洗顔料の泡で優しく擦るように洗えばすぐに取れます。

 

汚いからといってすぐにピーリングジェルなどを使うと、
顎周りやこめかみにニキビが増えて、赤みの炎症が増える原因になります。

 

そのため、洗顔方法には注意しないといけません。
正しいこめかみニキビの治し方は、2週間くらいかけてじっくりケアすることです。

 

ただ、それでも改善されない場合は、
ピーリングジェルを3日に1回くらい使用してもかまいません。

 

カサカサタイプの治し方

 

カサカサタイプの場合は、肌の汚れではなく、
乾燥が原因で皮膚が剥がれている場合があります。

 

粉ふき状の吹き出物になっている時は、今行っているスキンケアを見直し、
保湿をしっかり行うようにすることです。

 

それと同時に、体の不調も考えられるので、生活習慣も改善することです。
あご周りの汚れは気になりますが、決して指で引っ掻いて除去してはいけません。

 

フェイスライン・Uゾーンが乾燥してカサカサになるのは、
その部分に十分な水分がないことを示しているので、保湿を万全にしましょう。